サウンドイージー工法

吸音材
サウンドイージー工法は、施工現場でグラスウールボードと表面材を別々に施工する工法で、機能性や意匠性を追求した不燃・吸音・化粧壁工法です。
映画館やコンベンションホール等の音響施設の吸音に適しています。
Read more
Read less

主な特長

  • ガラスクロスは不燃材料であるグラスウールと組み合わせることで、不燃材料の認定を取得しています。(NM-2131)
  • 施工時に接着剤を使わないため、環境に優しい工法です。
  • ガラスクロスは10色から選択可能で、複数色での組み合わせ施工もできます。
  • 表面材の部分張り替えが可能です。
  • 長辺方向において、目地無しにすることや、縦・横・斜め張りが可能です。
  • 施工面積によって割付幅を変えることができます。
  • 日常発生する125~4,000Hzの騒音を吸収して室内の残響時間を短くし、音響性能を高めます。
  • ※注意 天井面に施工することはできません。

製品詳細

用途:音響施設(映画館、音響ルーム、スタジオ)等の吸音

製品構成

  • 専用部材:塩ビメインジョイナー、コーナージョイナー
  • 吸音材: グラスウールボード密度64kg/m3 、密度96kg/m3
  • 表面化粧材:不燃ガラスクロス

    ※当商品は受注生産にて承っております。

基本部材 

サウンドイージー基本部材

表面化粧材 

サウンドイージー工法表面化粧材仕様
サウンドイージー工法 表面化粧材

※ご注文の際は、色番号および名称をご指定ください。
※写真のため、現物の色と違うことがあります。

専用部材

サウンドイージー工法専用部材仕様

吸音率データ 

残響室法吸音率グラフ

施工例

サウンドイージー施工例

関連書類

施工マニュアル