グラスウールの耐熱温度は何℃ですか?

グラスウールは、ガラス繊維と繊維同士を接着するバインダー(接着剤)で構成されています。 ガラス繊維本来の耐熱温度とバインダーの耐熱温度が異なるため、使用条件によってどちらの温度が適用できるかが決まります。

バインダーの耐熱温度を限度とする場合:
バインダーの耐熱温度は約150℃です。
これよりも高温の部分に長時間接していると、バインダーが変色(茶褐色から灰色になり、白くなって炭化する)して接着剤としての機能が低下してしまいます。よって、「バインダーが変色しない」温度を基準とするなら、グラスウールの耐熱温度は150℃です。

グラスウールの断熱機能があればいい場合(ガラス繊維の耐熱温度を限度とする場合) :
グラスウールを針金や亀甲金網などで固定している場合、もしくはケーシングなどでグラスウールに直接風圧や振動が加わらないように施工されている場合は、150℃以上の部分に長時間接して変色しても繊維が脱落する心配はありません。

厚さも断熱性も変化はなく、グラスウールの断熱材としての機能は損なわれません。バインダーの耐熱温度を超えて使用しても実用性に問題がない場合が大半で、つまりこの場合、グラスウールの耐熱温度とはガラス繊維の耐熱温度と同じです。

ガラス繊維の耐熱温度は一般的に250~350℃(密度や種類によって異なる)です。