音に関する用語集

音に関する用語集

 

 

音の原理

音の高さ

 

音の大きさ

 

デシベル(dB)/音圧レベル

音の「大きさ」や「強さ」を表す単位。数値が大きくなれば音の大きさが大きくなります。騒音の大きさなどを表現する時によく用いられます。

 

ヘルツ(Hz)/周波数

音の「高低」をあらわす単位。数値が大きく(振動数が多い)なれば音の高さが高くなります。波動や振動が、1秒間に何回繰り返されるかを示し、例えば1秒間に1回振動すれば1Hzです。音以外にも電波、電磁波などにも用いられます。人の耳で聞くことができるのは一般的に20Hz~20,000Hzと言われています。

 

防音

外部の騒音が建物内に侵入することを防ぐ、または室内の音が建物外に出ることを防ぐこと。防音とは音響対策の総称であり、「遮音」「吸音」は防音の手法として含まれています。防音する手法として、「遮音」、「吸音」のほかに「防振」などの方法があります。

 

吸音

吸音とは、音のエネルギーを反射するのではなく、音波に遭遇したときに材料、構造、または物体が音のエネルギーを取り込むプロセスのことです。
吸収されたエネルギーの一部は摩擦などにより熱に変換され、一部は吸収体を透過します。

音の反響を抑えることができるので、会議室やホール、音楽スタジオなど、室内で音が響きすぎるのを抑えたいときに有効です。

 

吸音ソリューションとしてマグ・イゾベールが提供するグラスウール天井板工法についてはこちら

 

遮音

遮音は、壁などで区切られた2つの空間を通過する音を遮り、透過する音を減衰させることをいいます。音の通過を抑えるために、集合住宅など、家の外からの音を内側に、逆に内側からの音を外に伝えにくくするのに有効です。

 

防振

防振とは、振動する機械などの振動するものから、建物へ伝達する振動(固体伝搬音)をできるだけ小さく抑えることです。空気音の騒音の場合、壁などの遮音体を通過するたびに減衰するので、隣接していない部屋に大きな騒音が届くことはありません。

一方、固体伝搬音は壁や床・天井などの構造物(固体)を振動させて音を発生、伝達させるため、大きく減衰することなく、離れた部屋まで騒音が伝わることがあり、注意が必要です。

 

浮き床工法については下記よりダウンロード