施工

壁にグラスウールを施工する際に、コンセントボックスやスイッチボックスはどのようにグラスウールと防湿シートを施工するのでしょうか?

コンセントやスイッチボックスカバーの大きさに合わせて、グラスウール断熱材にカッターナイフ等で切り込みを入れます。
切り込んだ部分の防湿フィルムを剥がし、グラスウール断熱材をコンセントボックスカバー等の裏側に通します。
最後に、コンセントボックスカバー等と周囲の防湿フィルムを気密テープで隙間なく貼り合わせて留めつけます。
以上のような施工を行うことで、断熱欠損を防ぎ、防湿・気密性を確保することができます。
*その他、コンセントボックスカバー、気密型のコンセントボックスを使用する方法もあります。