グラスウール特性

湿度が高い場所でのグラスウール使用について教えてください。

グラスウールは、湿気に弱いと言われることがあります。実際には、湿気に弱いのではなく湿気が入りやすく、出ていきやすい(透湿抵抗が低い)性質をもっているということであり、湿度が高い状態では使えないということではありません。
しかしながら、グラスウール内部に湿気ではなく水が入ってしまった場合には、性能の低下等の問題がありますので注意が必要です。断熱材としてお使いいただく場合には、防湿材を隙間なく施工する、通気層工法等を採用することで結露の発生を防止することが重要となります。そういう意味合いから、湿度が高い状態は、結露発生リスクが大きい状態と言い換えることができますので、結露対策にはより配慮が必要となると言えます。