施工

間柱の間隔がまちまちの箇所に防湿シート付きグラスウールを入れる際、押し込まず、室内側に膨む箇所ができないように施工するには、どうすれば良いでしょうか?

マグ・イゾベールでは各部位に適応できる、さまざまなサイズのグラスウール断熱材を用意しておりますが、間崩れ部分等(狭い部分等)ではグラスウールカッター等を使用して、幅詰めを行っていただく必要があります。

押込んだような状態で施工した場合には、所定の厚みが確保できなかったり、隙間ができやすくなったりということで、所定の断熱性能が確保できない等の弊害が生じる可能性がありますのでご注意ください。