施工
製品

吸音板の施工について教えてください。

スピンドルピンは、一般的に コンクリートやボード下地などの施工の際に使用します。
接着剤を用いてスピンドルピンを躯体に留めた後、スピンドルピンにグラスウールを留め付け(ピンにグラスウールを刺すイメージ)、グラスウールから出た先端のピンとグラスウールをボタンワッシャーでしっかり抑えます。
断熱ファスナー(アンカー)は、コンクリートやALCなどの躯体に打ち込みし、グラスウールをしっかりと留める場合に使用します。
尚、両工法共、ピンの長さはグラスウールの厚さに合ったものを使用します。