条件で絞り込む

検索結果 : 34
小平の家(外観)2

小平の家(東京)

意匠、温熱、構造 三位一体の家を目指し、 「温熱的に優れた住まいでも、美しさにこだわり、暮らしの安全をしなやかな構造体で守る。」ことをテーマに計画された家
佐倉の家 外観(正面)

佐倉の家(千葉)

温度バリアフリーを高気密高断熱住宅で実現。
1年を通して温度差によるストレスを感じることなく、ストレスフリーな住宅。
西丸尾の家(外観・夜)

西丸尾の家(山梨)

西丸尾の家(山梨)は、3つのポイントをもとに設計されました。
  1. 究極の快適性と省エネ性を両立
  2. 親世代・子世代が過ごしやすい居住性と程よい距離感
  3. 世代をまたがっても受継がれるシンプルなデザイン
岩手山を望む家(盛岡)外観

高断熱リフォーム事例:岩手山を望む家(盛岡)

「岩手山を見ながら、家事をしたい!」「とにかく暖かい家に住みたい!」という思いを実現するため、床、壁、屋根の断熱材を高性能に
温水式のパネルヒーターの暖房とあわせて、家じゅうどこにいても快適な空間に
青森 外を楽しむ300mm断熱の家(外観)

三内の家(青森)

三内の家(青森)は、寒さの厳しい冬でも活動的にストレス無く楽しく暮らすため、4つのポイントをもとに設計されました。
  1. 「冬の寒さからの解放」
  2. 「暖房費の削減」
  3. 「建物の性能をわかりやすく数値化」
  4. 「豊かな自然のもと楽しく暮らす!」 
マルチ・コンフォート・ハウス 倉敷 外観

マルチ・コンフォート・ハウス 倉敷(エコハウス・アワード2017 最優秀賞)

一般社団法人パッシブハウス・ジャパン主催の「エコハウス・アワード2017」で、「エコハウス・アワード最優秀賞」を受賞した作品「倉敷の家(マルチ・コンフォート・ハウス倉敷)」のご紹介。
マルチ・コンフォート・ハウス茨城(外観)

マルチ・コンフォート・ハウス 石岡(茨城)

パッシブハウスの基本原理を忠実に実現し、究極の省エネ性と快適性を両立した住まい。
エネルギーロスを小さくし、太陽エネルギーを有効活用。
パッシブハウスの原理に基づき計算しつくされた省エネ性能。
温度、音、空気質、住む人の快適性を究極まで突き詰めた設計、これこそが、マルチ・コンフォート・ハウス。
マルチ・コンフォート・ハウス軽井沢外観(冬)

マルチ・コンフォート・ハウス 軽井沢

パッシブハウスの性能と自然エネルギーのベストミックス。
最低気温がマイナス15℃にもなる冬の軽井沢。
そんな厳寒な環境にでも、パッシブハウスの5つの原則にもとづいて、躯体性能を高めれば快適性と省エネ性が確保できることを証明。
しかも、太陽光、薪ストーブの自然エネルギーを最小限活用するだけで、消費量よりも多くのエネルギーを作り出すプラスエナジー・ハウスを実現。
生活の質へのこだわりと、環境・エネルギー問題への意識の高さがもたらした究極の持続可能な住まい。
ビフォーアフター上山市(ビフォー・外観)

高断熱リフォーム事例:山形で快適な住まいを実現!(「大改造!!劇的ビフォーアフター」放映物件)

  • ABC朝日放送局の「大改造!!劇的ビフォーアフター」で、2016年3月20日に『雪かきしながらトイレに行く家』として放映された物件。
  • 冬は非常に寒く、夏は暑い山形で、快適な住まい環境の実現をめざし、高性能グラスウールをふんだんに使用した高断熱リフォームに挑戦。